錠剤

 

高度研究室

 

 

 
 
 
  一般用医薬品の相互作用 
   modoru 目次へ戻る                ya db 
 

 ■ 咳と痰の薬の飲み合わせ注意
                                      
 1コデインを配合したもの…[併用注意]
中枢神経抑制剤、催眠剤、飲酒、β-遮断剤、抗凝血剤など
 1エフェドリンや塩酸フェニルプロパノールアミンを配合したもの…[併用注意]
中枢神経抑制剤、三環系抗うつ剤、アルコール(中枢抑制作用が増強される)抗コリン剤(アトロピン硫酸塩水和物等)(便秘又は尿貯留が起こる)メチルエフェドリン塩酸塩は交感神経刺激作用を持つ。
 1抗ヒスタミン薬のマレイン酸クロルフェニラミンなどを配合したものも同様の注意が必要
 1デキストロメトルファンを配合したもの(痰が切れにくいとき)…[併用禁忌]
MAO阻害剤
 1クエン酸チペピジンを配合したもの…[併用注意]ループ利尿剤、チアジド系利尿剤 →
血清カリウム値の低下


 
   
 

  link もっと詳しく

 
 

 咳や痰の薬を飲む場合注意する成分
(鎮咳成分)
リン酸コデイン
リン酸ジヒドロコデイン
塩酸メチルエフェドリン
塩酸プロメタジン
塩酸メトキシフェナミン
カリウム含有製剤
カンゾウ
キョウニン
交感神経刺激剤
フェニルプロパノールアミン
メチルエフェドリン
抗ヒスタミン剤
テオフィリン
アミノフィリン
塩酸フェニルプロパノールアミン
塩酸フェニレフリン
塩酸ナファゾリン

(去痰成分)
塩酸ブロムヘキシン
グアヤコール スルホン酸カリウム
グアイフェネシン
カルボシステイン
キキョウ
セネガ
交感神経を刺激して気管支を拡張し、咳を鎮める
塩酸メチルエフェドリン
塩酸フェニルプロパノールアミン
臭化水素酸デキストロメトルファン
セアプローゼS
セラペプターゼ