錠剤

 

高度研究室

 

 

 
 
 
  一般用医薬品の相互作用 
   modoru 目次へ戻る                ya db 
 

 ■ 水虫の薬の飲み合わせ注意
                                     

イトラコナゾール(内服薬)の相互作用 イトリゾールは、副作用で肝機能障害があったり、相互作用を起こす薬が多い。
 ■アステミゾール(ヒスマナール)不整脈
 ■シサプリド(アセナリン、リサモール)不整脈
 ■シンバスタチン(リポバス)横紋筋融解症
 ■トリアゾラム(ハルシオン)作用が強くなる
 ■ワルファリンカリウム(ワーファリン)作用が強くなる
 ■ニフェジピン(アダラート)作用が強くなる
 ■ジゴキシン(ジゴシ)作用が強くなる
 ■シメチジン(タガメット)イトリゾールの作用を弱める

 ■塩酸テルビナフィンは相互作用のあるクスリは少ない。

       
 1抗白癬菌薬:トルシクラート、トルナフタート
 1抗真菌剤 :クロトリマゾール、硝酸エコナゾール、硝酸ミコナゾール、チオコナゾール、 硝酸オキシコナゾール、硝酸スルコナゾール、ビフォナゾール
 1痒みや痛みを抑える成分:リドカイン、塩酸ジブカイン、クロタミトン、抗炎症作用:グリチルリチン酸
 1爪が白く濁り、厚くなる爪白癬の内服薬は一般用医薬品ではありません。。


 
   
 

linkもっと詳しく