錠剤

 

高度研究室

 

 

 
 
 
  一般用医薬品の相互作用 
   modoru 目次へ戻る                ya db  
 
   ■ 降圧薬の薬の飲み合わせ注意
                 
  1降圧作用が減弱する。 
  βブロッカーとNSAIDs
  チアジド系の降圧利尿薬(ヒドロクロロチアジドなど)とグリチルリチン製剤

【カルシウム拮抗剤】狭心症の薬
 ノルバスクやアダラートなどのカルシウム拮抗剤と、狭心症の薬のヘルベッサーを併用すると、房室ブロックという脈が遅くなる不整脈を起こして、失神を起こすことがあります。
【利尿剤】痛風の薬
 尿量を増やして体の血液循環量を減らし血圧を下げる利尿剤のフルイトランなどは、尿酸を排泄する痛風の薬ユリノームとの相性が悪い。
 尿中に尿酸がたくさん出て尿路結石ができやすくなるし、腎臓に尿酸がたまって、ひどい場合は腎不全を起こす可能性があります。
 ユリノームを飲んでいる人は、利尿剤以外の降圧剤を選んだ方がいい。
【β交感神経遮断剤 】糖尿病の薬
 心臓の筋肉の収縮の程度を減らし血流を減らして血圧を下げるβ交感神経遮断剤のテーノミンなどと、血糖値を下げる糖尿病薬のオイグルコンやアマリールを併用している人は、血糖値が下がり過ぎることがあるので要注意です。
       
 


 
 

降圧薬
 ■βブロッカー→NSAIDs→降圧作用が減弱する。
 ■Ca拮抗薬→グレープフルーツジュース→降圧作用が増大する。
 ■チアジド系の降圧利尿薬(ヒドロクロロチアジドなど)、ループ利尿薬→グリチルリチン製剤
 ■中枢性交感神経抑制薬のメチルドパ(アルドメット)→鉄→降圧薬の消化管からの吸収が阻害される
 ■降圧薬→アルコール→相互に作用が増強し、たちくらみやめまいを引き起こす

強心薬
 ■ジギタリス→ステロイド、ベラパミル、キニジンなどの併用薬に注意
 ■ジギタリス→利尿薬、ステロイド、ベラパミル、キニジンなどの併用薬にも注意する。
 ■ジゴキシン→Caの過剰摂取(Ca配合のビタミン剤やCa製剤、VD製剤)Ca吸収量を増加させる→ジギタリス中毒(嘔気、嘔吐、不整脈など)
 ■ジゴキシン→インドメタシン、ジクロフェナクナトリウム、アスピリン、イブプロフェンなどのNSAIDs→ジギタリス中毒(嘔気、嘔吐、不整脈など)
 ■ジゴキシン→抗コリン薬(ロートエキスを配合する胃腸薬や下痢止め)→ジゴキシンの吸収を増大する
 ■ジゴキシン→スクラルフアート含有の胃薬や水酸化A1、水酸化Mgなどを含有する胃腸薬→ジゴキシンを吸着し吸収を阻害する

高脂血症治療薬 スタチン系薬剤では、他の医薬品との相互作用や副作用として横紋筋融解症(筋肉痛、脱力感、暗褐色尿(ミオグロビン尿)を伴う。
 ■アゾール系抗真菌剤のイトコナジールやミコナゾール→シンバスタテン(リポバス)の代謝を抑制→横紋筋融解症
 ■ミコナゾールを配合する外用薬(タマリンなど)→シンバスタテン(リポバス)の代謝を抑制→横紋筋融解症
 ■ワルバスタテン(ローコール)→シメチジン、ラニチジン→薬物代謝酵素阻害作用によりワルバスタテンの代謝が抑制される
 ■コレスチラミン(クエストラン)→NSAIDsとの併用→NSAIDsの吸収を阻害することから、2-3時間以上服用をずらす
 ■陰イオン交換樹脂→脂溶性ビタミン(ビタミンA、D、E、K)の吸収を阻害する→長期投与では補給を考慮する
 ■イコサペント酸エチル(エパデール、エパデールS)→血小板凝集抑制作用を持つアスピリンやNSAIDs→出血傾向を増大させる

狭心症治療薬
 ■ニトログリセリン(ニトロペン、ニトロタームTTS)→NSAIDsを含有する薬→血管拡張作用が減弱されるため効果が弱まる
 ■硝酸薬→アルコールの飲用→血管拡張作用が増強され、血圧低下

 ■アテノロール(テノーミン)、フマル酸ビソプロロール(ズインテート)、塩酸べタキンロール(ケルロング)→NSAIDsを含有する解熱薬や総命感冒薬→血管拡張作用が減弱される
 ■塩酸プロプラノロール(インデラル)→シメチジン→代謝が阻害

 ■ジピリダモール(ペルサシチン)は、アデノシン増強作用による

 ■Ca拮抗薬ニフェジピン(アダラートCR錠など)、ニソルジピン(バイミカード)、塩酸ベニジピン(コニール)、塩酸ベラパミル(ワソラン)、塩酸ジルチアゼム(ヘルベッサー)→シメチジンやグレープフルーツジュースなど→血圧低下作用が増強される
 ■ベラパミルやジルチアゼム→テオフィリン→血圧低下作用が増強される

 
 

 

linkもっと詳しく